四国鉄道文化館|西条市観光なら一般社団法人西条市観光物産協会へ

お知らせ&トピックス

四国鉄道文化館

学ぶ 2011.03.21

  

四国鉄道文化館は郷土の偉人、十河信二・第4代国鉄総裁が構想し実現した東海道線幹線で、最初に採用された0系電車の先頭車両と、四国の無煙化(蒸気機関車からの置き換え)に貢献したDF50形ディーゼル機関車の1号機(準鉄道記念物)を展示した、四国で初めての鉄道専門展示施設です。地元の職人が高度な技術で建築した大胆な木造の館内にはほかに、線路点検などで活躍する軌道自動自転車、特急「しおかぜ」「いしづち」に使用されている8000系電車のパンタグラフ、Nゲージレイアウト。さまざまな鉄道用品や史料も展示されており、四国の鉄道の変遷や現状を学ぶことができます。